色々な早漏改善の薬

リドカインとは、キシロカインという局部麻酔薬のジェネリックであり、個人輸入や使用を認められている軟膏薬で他にも剤型が色々あり、注射剤などの液体のものから、ゼリー状のもの、点眼薬などもあります。
麻酔の効果が発揮されるのが早く、即効性があり、作用も強く、昔から使用されてきているので、安定感があります。
早漏改善にも効果があるとされ、セックス時にペニスに適量を塗り込むとペニスの感覚が鈍くなる。
これにより、挿入後すぐにくる射精感を抑えてくれるようになり、ペニスの持続力がUPします。
挿入後の感度などに変化はないので、そういった点も気にせず使えるのも嬉しい点です。
使用上の注意として、塗り込む量は個人におよって異なるので、自分にあった量を塗り込んでください。
塗り過ぎは、逆に遅漏の原因にもなりますので、ご注意ください。
また、ゴムを装着しないで挿入してしまうと、女性にも薬の影響を与えてしまい、一時的な不感症などになってしまうので、ゴムはきちんと付けるようにしてください。
早漏に効果があるとされている薬はこの他にもダポキセチンというくすりもあります。
ダポキセチンは、もともとは効うつ剤としてうつ病の方に処方されていた薬で、この薬の作用である脳の興奮状態を鎮めてくれる働きが、早漏にも効果があるとわかったため、早漏改善薬としてしようされるようにもなりました。
早漏は脳が極度に興奮してしまっているために、射精感がすぐにきます。
この薬を使えば、脳が興奮しすぎてしまうことを抑えてくれ、ペニスの持続力が普段より持続します。
セックス前に1錠服用すればよく、1時間ほどで効果が発揮されます。
安全性は高いとされている薬ですが、稀にめまいや頭痛、吐き気が起こる場合もありあますので、注意してください。
早漏は男性の悩みですが、決して1人の問題ではないことをきちんと理解してください。
あなたばかりが満足してしまって、パートナーはストレスが溜まっているはずです。
きちんと治療すれば早漏は治るので、出来るだけ早めに薬などで治療しましょう。