早漏は治る

今回は早漏改善に役立つ、飲み薬と塗り薬の2つの治療薬を紹介していきます。
1つ目の治療薬は、ダポキセチンという飲み薬です。
この薬には、射精したい気持ちを抑えてくれる効果があります。
ED・勃起不全と異なり、もともと早漏に効く治療薬はほとんどありませんでした。
現在では色々な治療薬が登場してきましたが、その中でもこのダポキセチンは特に早漏には効果があるもとされています。
最大の効果はその鎮静作用にあると言えます。
早漏の1つ原因として、興奮しすぎてしまうことがあげられます。
そこでこの薬を使うと興奮を抑えてくれて、脳をリラックスさせることにより、ある程度射精をコントロールすることが可能になります。
鎮静作用が強い理由は、もともとは効鬱剤と使われており、早漏にも効果があるとわかったために転用され、早漏治療薬として使われるようになりました。
服用方法も簡単で、セックスの1時間くらい前に1錠飲むだけです。
注意が必要なのは、併用が禁止されている薬がありますので、そういった場合には医師に相談する必要があります。
また、服用にできるのは成人男性に限られていますのでご注意ください。
次に塗り薬である、リドカインをご紹介していきます。
リドカインは、キシロカインという薬のジェネリック医薬品です。
局部麻酔の難航としては世界中で使われています。
ペニスを麻痺させることによって、スグに射精してしまう事を防止する効果があります。
挿入後に感度が悪くなる事もなく、塗るだけで射精をコントロールできるので大変便利な治療薬となっています。
使用方法は、セックスの1時間前に少量を塗るだけです。
塗り薬なので、副作用もほとんどなく安心して使用する事ができます。
ただし、塗りすぎると感度が悪くなってしまい、逆に遅漏になってしまったり、女性が不快に思うことがあるかもしれないので、大量に塗る事はおすすめできません。
早漏は悩みだせばきりがなく、悩みすぎる事によって早漏改善しにくくなります。
心理的面も大きいので、様々な情報を得ようとするとかえって悪化する場合もあるので、早漏かと思ったらまず医師や専門家にご相談ください。
また男性の性の悩みでもあるので、自信をなくしてしまったりして、セックスを避ける傾向にもなりやすく、パートナーとのセックスレスの原因にもなるので、関係が終わってしまう前に、きちんと改善して良い関係作りをしてください。