悩み過ぎは禁物

早漏のにおいて、一番してはいけないことは、「悩み」です。
悩むことによって症状の悪化につながったり、有効な治療を行っても思う様に治療の効果が得られなくなってしまいます。
早漏の原因の1つに脳の興奮が挙げられます。
脳が普通より興奮しすぎてしまって、射精をコントロールできず、パートナーが満足する前に射精してしまいます。
興奮を鎮めるために使われる治療薬などもあります。
早漏改善の薬を服用すれば一時的にですが、射精感を減退させることができます。
ダポキセチンという薬で、もともとはうつ病の人に使われていたんですが、早漏にもこの薬が効果的とわかり、転用され使われています。
こちらは錠剤のタイプとなっているので、セックスの前に1錠服用するだけで、きちんと効果が発揮されます。
パートナーと満足させられず、ストレスになっていたり、セックスをさけてしまっている人は一度試してみてください。
ダポキセチンのような内服する薬は副作用が気になるという人には、軟膏薬もあります。
リドカインという軟膏薬です。
リドカインとは、キシロカインという医療で使われる局部麻酔のジェネリックとなっています。
塗り込んだ部分の感覚を鈍くさせる効果があり、ペニスに塗り込むことによって、感覚を鈍くして射精しにくくしてくれます。
人によって適量が変わりますので、最初は少量から初めてもらって、自分の効き方を見ながら、徐々に量を増やしていってください。
一度に大量に塗り込んでしまうと、感覚が鈍くなりすぎてしまい、逆に遅漏の原因にもなったりしますので、きちんと適量を塗り込んでください。
また、塗り込んだ場合、きちんとコンドームは着用してください。
コンドームなしでセックスしてしまうと、女性にも影響がでてしまい、一時的ではありますが、不感症の原因にもなるので、コンドームの着用は必須です。
肝心の挿入後の感度はほとんど変わらないので、安心してください。
副作用を気にせず早漏改善したい方は、こちらが非常におすすめです。
早漏を治して、パートナーを満足させてあげましょう。